「アニメーション人材育成調査研究事業」(以下、「本事業」と言う)では、
    その育成方法について実践的な調査研究を行い、さらに、その調査研究の成果の評価及び普及を推進することにより、
    我が国アニメーション分野の向上と発展に資することを目的としています。

    PROJECT 01 作品制作を通じた技術継承プログラム ON THE JOB TRAINING
    作品制作受託4社の個性を追求した
    独創的な作品の制作を通じたOJTによる
    実践的人材育成
    各社の育成対象・目的・方法を明確にした作品制作プランを公募し、第三者委員会である選定委員会において4社を選定。 その上で教育の質を保証するために、本事業内に設置した育成委員会が各社の育成を監督します。 作品企画は 7〜10 分の短尺作品を基本とし、国際市場に通用する高いクオリティを持った作品制作を目指していただきます。
    PROJECT 02 アニメーション業界就業者を対象とした技術向上教育プログラム OFF THE JOB TRAINING
    日本のアニメーション制作における人材育成のため、
    幅広い業界人に向けた
    スキルアップ教育プログラムを開発・実施
    講座数は計15講座程度を想定。講演、セミナー、実技演習で構成し、アニメーション業界就業者から参加を募ります。 上記①. 「作品制作を通じた技術継承プログラム」の作品制作受託4社は、本事業内に設置した育成委員会と相談の上、受講するプログラムを選択し、 OJTだけでは不十分な基礎教育を当教育プログラムによって補っていただきます。
    PROJECT 03 アニメーション業界志願者を対象とした基礎教育プログラム ANIMATION BOOT CAMP
    幅広い層のアニメーション業界志望者に向け、
    アニメーションで表現することの根本を問いかけ、
    考えながらアニメーション制作を体験する
    基礎教育のワークショップを開発・実施
    手描き2D/3DCG等のツールや技法の違いを問わず、表現の土台となるような基礎教育プログラムの開発と実践を目指します。 教育機関と連携したワークショップの開催、アニメーションの基礎を学ぶビデオ講座を3DCGにも拡充しWEB上で提供、 また、ワークショップ参加者以外への教育の拡充のためオンライン自習支援システムの構築に向けた検討を行い実験的に試行します。